言葉の受け取り方

言葉って同じ言葉でも受け取り方ひとつで幸にも不幸にもプラス思考にもマイナス思考にもなれるんですよね。


以前にカウンセリングに来てくださった方が


彼女と復縁したくて占い師さんに見てもらったところ、20日後にいい方向に進むからそのときに連絡を取ってみなさいと言われたらしく20日前後に連絡したらひとまずいい方向には進んだそうで、


わたしはなぜその占い師さんが20日後がいいと思ったのか理由や根拠が聞きたかったので、それをその方にお聞きしたところ


特に20日後が良い理由や根拠はなかったらしく、とにかく20日後が良いよ!というようなかんじで言われたらしいです。


取り方によってはいい方向に進むなんて根拠がないんだから!と行動に移すのを躊躇される方もいらっしゃるかと思います。


その方は特に理由や根拠はないけど20日後がよいと言われたのでそれを信じて20日前後に自分から行動を起こし結果良い方向に進まれました。


わたしのカウンセリングに来られた方でも割といらっしゃるのですが


どうしたらよいですか?と聞かれてこうしたらどうですか?とアドバイスをさせて頂くんですが


もし悪い方向に進んだら…と悪い方向に進んだときのことを考えすぎて、


こうなったら、こうなったら…どうしたらいいですか?と聞かれたりすることがあります。


不安から悪い方向に考えすぎてしまうのはわかりますし、誰しもそういう面を持っていると思います。


ですが


今行動してなくてその状態だとしたら


行動しなければずっといまのままです。


今の状況が嫌だったり、変えたいのならば行動することもアリだと思いますし必要だと思います。


例え根拠がないことでも信じて今の状況を変えるために行動するのか


もし悪い方向に進んだら…と悪い方向に進んだときのことを考えて行動に移すのを躊躇するのか


どちらも間違いではないですし、どちらを選ぶかはあなた自身が自由に選択できます。
f:id:aisakiyuuna:20210629120105j:plain




愛咲 優菜